« 批判を真摯に受け止めること | トップページ | 愛せる時に深く愛しましょう »

2012/12/16

栄光の架橋

誰にも見せない涙がある。
11年前がんになった。それまで描いて来た夢が消えて行った。
家族に心配させまいと一人寝室で泣き明かした。
わずかの可能席にかけて治療方法を選択した。そして今がある。
研修担当になった頃、アンケートにきついフィードバックを書かれていた。
面と向かって『お前の研修なんて誰もついてこない』と言われた。
業績不信をすべて研修の責任にされた。悔しくて泣いた。そして今がある。
薬剤師会に参加した。メーカーだと判ると急に態度が変わり
「何でここにいるんだ」と言われた。クレームを言われ続けた。
薬剤師だから参加した。悲しみや寂しさを感じたが、それでも参加し続けた。
恐れを振り切って所属を名乗って発言し続けた。そして今がある。

試練を乗り越えて人はたくましくなる。
たくましくなるために試練が用意されているのだ。
時には涙を見せたっていい。
必ずその先に栄光が待っていることを信じて進むことだ。

栄光の架橋
http://m.youtube.com/?reload=3&rdm=maag5b6h6#/watch?feature=related&v=nDsFGJXPNFw

|

« 批判を真摯に受け止めること | トップページ | 愛せる時に深く愛しましょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 批判を真摯に受け止めること | トップページ | 愛せる時に深く愛しましょう »