« いまという時 | トップページ | 御礼のメール »

2014/12/28

生きている間は何も恐れず思いきり生きることだ

生きている間は何も恐れず思いきり生きることだ。

最後に永遠の休息を迎えるだけさ。

疲れた肉体は土に帰るが、残した想いは永遠に残る。

傷ついた身体は癒されるが、やり残した後悔は痛みに変わる。

だから生きている間は後悔しないように思いきり生きることだ。

しあわせです。感謝

告知と10年目のお迎え。2回死を意識して感じたこと。前者は痛みを感じた。後者は安らぎを感じた。それを詩にしてみた。最近、フライト中に雲を見ているとメッセージが浮かんでくる。それを書き留めています。しあわせです。感謝

|

« いまという時 | トップページ | 御礼のメール »

コメント

慢性腎臓病で腎機能が低下し、透析導入が近々必要になると告知を受けnegative mindの塊になっていましたが、つい先日(枚方)、クニ坊の講演を聞いて考えや行動が一気に前向いて来ました。診断を受けた時、茫然自失、意気消沈と負の連鎖で苦しみ続けていました。その渦中でクニ坊が死戦から気持ちを一気に切り替え、生きている間は何も恐れず思い切り生きることとpositive maindで考え、行動を一新して行かれたストリーを聞いて、俺もやろう頑張ろうと意識革新が出来ました。本当に有難うございました。

投稿: 佐々木小次郎 | 2015/03/01 18:05

佐々木さま

コメントありがとうございます。
参考になったようで良かったです。
元気出していきましょう!

投稿: クニ坊 | 2015/03/02 09:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いまという時 | トップページ | 御礼のメール »