« 医療接遇はまず笑顔から始めよう | トップページ | 何でも無いようなことに幸せを感じる日々 »

2016/04/10

がんをどう受け止めるかで、その後の人生は変わる

がんになった時に人生が終わったかのように感じ一年間ほど消極的に過ごしていました。

ある日「死ぬまでは生きている」という当たり前のことに気づき、「だったら思い切り生きてやる」と気持ちを切り替えることにより積極的に生きるようになり、それ以前より豊かな人生を過ごすことが出来ました。

後輩患者の希望になるため、もっともっと豊かな人生にしていきます。

しあわせです。感謝

|

« 医療接遇はまず笑顔から始めよう | トップページ | 何でも無いようなことに幸せを感じる日々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 医療接遇はまず笑顔から始めよう | トップページ | 何でも無いようなことに幸せを感じる日々 »