ファシリテーション

2011/02/09

教えるのではなく知りたいという欲求を高めること

ここ数年の間で研修のスタイルが大きく変えた。

以前は講義形式で教えてきた。

最近は資料は配布するが教えない。

その理由は、どんなに丁寧に教えても忘れるからである。

研修の翌週に何名かから研修の内容について質問をよく受ける。
その知識を使おうと思った時に本当に理解したくなるからだ。

ならば研修中にその状況にすればしてしまえば効率的だと考えた。

教えることは極力省き、グループで考えさせる。
考えてもわからないとなると知りたい欲求が高まる。
本当は自分で調べさせたいのだが、時間が取れないため配布資料に目を通してもらう。

うまくいくとグループ内の一人が先に資料に目を通し、グループ内共有されていきます。

小さな講師がグループ内に生まれ、小さなな研修会場化していきます。
先に気付いた人が教え、それ以外は質問し合っていく。その質問に答えられる人やアイデアがある人が、新しい講師となる。グループ内ではこんなことが起き始める。

時間がかかる研修だが納得感がある。知識が深まる。

講義型は短時間で多くのことを伝えられ効率は良いが、忘れてしまうので実際には効率が悪い。

某薬剤師会からこの手法についての講演依頼があった。
製品説明の時間もいただいてる。

そして思いついたことは、製品説明自体を教えない形にしてみたら
実践的に学べるということ。

知りたいことをだけに答える説明会。眠る暇もないだろう。

| | コメント (0)

2010/10/18

白熱教室 in JAPAN

今週水曜日に薬学部で講義をします。
医療コミュニケーションがテーマです。

NHK「白熱教室」を見て触発されました。
http://www.nhk.or.jp/harvard/

日本の大学の講義も変革を始めているようです。
僕もチャレンジしてみます。失敗を恐れるなと叫んでいる指導者が
ビビっていては話になりません。

対象は薬学部一年生 130名

テーマは
「薬剤師にコミュニケーションスキルは必要か?」

冒頭にいくつかの投げかけをしてから、対話。

僕の経験した患者心理を語ってみて、対話。

どんな変化が生まれるか?

発散系の雰囲気に持って行けるかが鍵です。
どんな仕掛けを組み込むか?

ワクワクしてきました\(^o^)/
元気出していきましょう!

| | コメント (0)

2010/08/14

話し合うことにより潜在的な能力が開花する

いつも頑張ってる人と頑張っている人をつなぐことを意識しています。

話し合うことにより思考が混ざり合い新たな気づきが生まれ潜在的な能力が開花すると考えています。

さらに出会いが人脈に発展すると専門知識やスキルのアドバイザーを得ることになります。出会いを人脈にできるかどうかは本人の努力次第。

21日の日本ファシリテーション協会定例会に身近で頑張っている人を誘ってみました。

参加するかどうかは自由意志。参加してどう動くかどうかも自由意志。

僕は可能限りサポートしていきます。
何か掴んで帰って頂くために

| | コメント (0)

2010/08/13

人に与えた分、人から与えられる

いろいろな人との出会うことが楽しみです。出会った分だけ気づきが生まれ、学ぶことができます。

この気づきを別の場所で人に話すと、そこで新たな気づきが生まれます。話す相手の知識や経験により同じことを話しても、異なった気づきを得られます。

夏休みは6年間書き綴ったblogを読みなしています。多くの方との出会いにより成長してきたことを再認識できました。

人に与えた分、人から与えられます。いっぱい与えればいっぱい与えて頂けます。

良いものを与えれば、良いものが与えられます。

その人のためになるものを与えれば、私たちのためになるものが与えられます。

その人のために人脈を紹介すると、私のためにためになる人脈を紹介して頂けます。

良い時期に自分の生き方を振り返れたと思っています。

これからも周りの人のために頑張っていきます、見返りを求めずに!

| | コメント (0)

2009/08/05

ハートに火をつける

今日の午後からファシリテーション型研修に取り組みました。

予想以上に盛り上がり、真剣なディスカッションが始まりました。僕も加わり質問を投げ掛けました。

嬉しいことにもっと勉強したいとの声が上がりました。ハートに火が点き出すとおもしろいです。

さっきまでウトウトしていた新人の眼が輝いて来ます。互いにカバーしあい吸収力も高まりました。発言も前向きでこっちまでワクワクしてきます。

今年のメンバーは素晴らしい。僕も持っているものを全て出し切って頑張ります。

| | コメント (0)

2009/06/19

男って単純

グループディスカッションをさせながら研修を進行させています。

グループごとの話し合い内容を見ていると、女性が入ると活性化します。男性陣が良い格好しようと頑張っています。

男って単純ですね。

昨日は男性だけで研修しました。

そこにはモチベーションが上がりきらない僕がいました。

| | コメント (2)

2009/03/28

ファシリテーターはしなやかな軸を持つこと

 僕はファシリテータは羊追いの牧場犬(シープドッグ)だと考えて
 います。群れが乱れないようにさりげなく介入していくことは必要で す。

 そのためにはプログラムデザインを自分の中に落とし込めているか
 が重要です。
 複数で運営する場合はサブファシリテーターへのファシリテーション
 も同時に行い、自然な介入を行っていく必要があります。
 
 ファシリテーションが始まったら「ぶれない軸」と「柔軟性」を
 持って臨むことです。

 ファシリテーション中は何が起こるか分からないので「しなやか
 な軸」を持っていることが大切です。

 ワークを作りこみ過ぎて管理していくと柔軟性を失います。
 場に任せ過ぎると軸がぶれます。

 僕は研修ファシテーターですので、場の状況に合わせて即席で
 ワークを付け加えたり、変更したり、カットしています。

 ここがファシリテーションの奥深さです。

 「しなやかな軸」を意識しながら限られた条件内で目的達成する
 ことは難しいことです。

 難しいからこそ身につけることに価値があります。
 スキルは一日にして成らず。
 コツコツ励みましょう!

| | コメント (0)

2008/06/22

人を愛する気持ちを持つこと

日本ファシリテーション協会定例会でファシリテーターをしてきました。

ぎくしゃくするところはありましたが、無事終了することができました。振り返りの時間で多くの方から「良かった」というありがたい言葉を頂きました。

運営中考えていたことは、参加者の気づきが生まれることにいかに貢献するかでした。

今回のファシリテーターの中に後輩もいました。彼にも愛情を込めながらポイントを指導していきました。そして彼は実践してくれて大きな気づきを得てくれました。

定例会終了後は、新人薬剤師研修について仲間と打ち合わせしました。僕に依頼が来た研修ですが、一緒に勉強している彼女にも経験を積んで欲しいと考え紹介しました。最後に気持ちが伝わって「機会をありがとうございます」と言っていただけました。

人を愛するということは、相手の成長を願うこと。
人を思い通りにしたり、縛り付けたりするものではない。

家族に始まり、後輩、友人・仲間、薬剤師・医療スタッフ、そして、出会った人を愛しています。

人間だから完璧ではありません。愛せないことももちろんあります。

それでも多くの人を愛することで、その成長する姿からエネルギーや幸せをたくさん頂いています。

さらに人を愛することは、
 
 心を癒してくれます。
 穏やかな気持ちになります。
 生きていることが楽しくなります。

人を愛する気持ちを持つと、人生が充実してきます。

愛する人が多くて良かった・・・

| | コメント (0)

2008/05/21

挑戦し経験知をつけること

研修ファシリテーションを2日間しました。

グループディスカッション、ディベート、それ以外にもインストラクションも・・・

研修終了後は、初日が若手社員の研修、2日は会議ファシリテーションでした。

研修改革を始めてから、新たなことへの挑戦が続いています。準備に時間が掛かり忙しくなりました。そして、その分、経験知が付きました。

新たなことに挑戦するって楽しいですね。これからもどんどんチャレンジして経験知を付けていきます。

| | コメント (0)

2008/05/18

決めごとの重要性

日本ファシリテーション協会の定例会に参加してきました。

最近、社内でもファシリテーターをする機会が増え、大切にしているのが「会議中・研修中の決めごと」(グランドルール)です。

今回の定例会でもグランドルールについて最初に確認してファシリテーションを始めました。

・人の話をよく聴こう。
・わからないことや納得できないときは質問しよう。
・話が逸れたと感じた時は感じた人が修正しよう。

これを書き出して壁に貼っておきました。

会議中、話が逸れたことに気がつきました。すぐに修正しました。
ただ本題から外れるきっかけは僕だと言うことにも気がつき、
みんなで笑いました。

また、途中で抵抗感を感じる意見が出ました。否定したくなる気持ちが芽生えましたが、壁に貼った紙のおかげで、質問することができました。意見の背景を知ることで納得できました。

決めごとって重要ですね。

早速今週の研修でも大きく貼り出しておきます。

| | コメント (0)