人生哲学

2018/04/14

介護スタッフの離職対策とモチベーション

昨日講演したランチョンセミナーのテーマは認知症でしたが、一番伝えたかったメッセージは介護スタッフへのサポートです。職場内コミュニケーションや受け止め方を少し変えるだけでこころが満たされていきます。自分自身がしあわせに満たされれば外に向けて自然としあわせのエネルギーが流れ出ていきます。もちろん最後は魔法のおまじない「しあわせです。感謝」をお伝えしておきました。


私が新人研修を担当した社員たちはみんな成果を挙げてくれました。そのおかげで私も新人研修を評価して頂けました。しかし、本当に役立ったのは研修内容よりも配属後に悩み相談としてセブンイレブン対応(365日朝7時から夜11時まで電話対応ルール)していたことのような気がします。悩みや愚痴を傾聴し続けたり、明確な答えがない質問に対しどのように対応すればいいかを一緒に考えたりしました。多くの場合は話をしっかり聞いてあげるだけでどんどん元気になって、中には「もう大丈夫です。あとは自分で考えられます」と途中で電話を切る子もいました。
ちょっとしたサポートでこころを満たしてあげれば活き活きと活動し始めます。地域包括ケアシステムでは様々な課題にそれぞれの方が力を発揮していくことで回り始めます、微力ながら頑張っている方を癒してくことに力を注いで参ります。今後もご支援をお願いします。しあわせです。感謝

| | コメント (0)

息子からの手紙

新人研修中の息子から手紙が届いた。


研修の一環であろうがしっかりとその想いを受け止めた。

僕が息子を愛していることを再認識できた。がんばれ!

しあわせです。感謝

| | コメント (0)

障がいや疾病を持っても社会や仲間のために貢献できることは数多くある。

生きがいとの出会い
4年前、突然障がいを持つことになった青年と出逢った。その日以来1年間引きこもり気味であった少しづつ社会復帰に向けて活動をし始めた。ある日、学生生活に戻ろうとチャレンジしたが限界を感じ挫折し、退学した。
その頃、TVで障がい者スポーツに関する番組と出逢った。自分と同じ障がいを持つ仲間が活き活きと活動していた。地元であったためそこに参加することにした。参加することにより元気と自信が湧いてきた。
スポーツを始めて間もなく就労移行支援事業所に通いながら、社会生活への適合性やPC等のスキルのトレーニングを受け始めた。
その後、契約社員として就職が決まった。簡単な入力作業でかつ業務時間も短かった。職場環境は居心地はよかったが、自分から職場の仲間への壁を作っていた。

貢献への目覚め

ある日、周りの正社員たちの業務を助けたいと考え、就労移行支援事業所で学んだExcelのマクロについて学ぶことを始めた。プログラムを書き上げて上司に提案したたところ、チャレンジを後押ししてくれた。
プログラムを導入したところ、周りの社員の業務が劇的に楽になった。しかしバグが見つかり壁にぶつかった。何度もチャレンジし正常に動き出した。その後は周りから業務改善について頼られるようになり職場の仲間の業務負担を軽減した。今後も応えられるように難度の高いプログラムにチャレンジし更に高度なことを学ぶようになった。

承認されること

彼は契約社員から準社員に昇格することになり時間も通常勤務となった。そして、人生で初めて名刺を持つことなった。準社員として初出社の日に、会社の仲間から「名刺入れ」をプレゼントされた。彼は貴重な存在として周りから認められるようになっていた。
彼は今、障がい者スポーツでは日本代表を目指し休日にトレーニングに励んでいる。そして、他の障がい者スポーツとのコラボも推進している。仕事は周りに貢献するためプログラミングの技術の向上のため日々自己学習を続けている。
出来なくなったことははっきりと自覚している。そのリハビリにも取り組んでいる。

ひとは貢献することにしあわせを感じる。

障がいや疾病を持っても社会や仲間に貢献できることはいっぱいある。本人や周りの正しい知識を持ち、出来ることを承認し、出来ないことをサポートすれば活躍できる。
大切なことは、当事者自身がどう受け止めるかである。この受け止め方を支援していきたいと強く感じた。障がいを持っても疾病に罹っても安心して活き活き暮らせるまちつくりにために。しあわせです。感謝

| | コメント (0)

2018/01/23

看護・介護食の離職対策研修

離職対策研修

看護・介護の方の離職が多いとお聞きして過去の研修の話をした。
10年ほど前、離職を考えている看護師の気持ちを変えて欲しいと研修依頼されたことがあった。「対象は100名かつ一時間のワークで残り一時間はグループディスカッション&発表」と依頼された。来る日も来る日もネガティブな方の気持ちを60分間で変える方法を考えた。
 当日は受け止め方や考え方を変えることを行った。グループディスカッションでは自分たちのような人を生み出さない職場について話し合った。
 アンケート結果は満足度99%。一人は参加型が嫌いと書いてあった。考え方ひとつで人は短時間で変われる。

この方法は社内新人研修にも応用した。私が受け持った新人たちが離職することは極端に少なかった。病院の新人研修も担当したが、1年間経って1人も辞めなかったというメールを頂いた。

他の人に貢献できることはうれしいことだ。
久しぶりに腕を振るってみる。

しあわせです。感謝

| | コメント (0)

がんになっても楽しく生きる。

ひとは絶対死ぬ。これは避けられません。

がんを克服しようがしよまいが必ず死がやって来ます。

くよくよしていてもワクワクしていても必ず死がやって来ます。

何もしなくても夢に向かって行動しても必ず死がやって来ます。

オギャアで始まり、最後に戻って行く人生という旅。

退屈させないように様々なオプションやアトラクションが登場します。それをどう受け止めてどう過ごすかは自分次第。

僕は最期の最期まで楽しむと決めた。

それを気づかせてくれた最高のアトラクションである白血病に心から感謝しています。

心が折れかけた凄いサプライズてしたがw
しあわせです。感謝

| | コメント (0)

2017/12/27

生きている間は後悔しないように思いきり生きることだ。

生きている間は何も恐れず思いきり生きることだ。
最後に永遠の休息を迎えるだけさ。

疲れた肉体は土に帰るが、残した想いは永遠に残る。
傷ついた身体は癒されるが、やり残した後悔は痛みに変わる。

だから生きている間は後悔しないように思いきり生きることだ。

しあわせです。感謝

| | コメント (0)

2017/12/26

人生の師走

今年最後の月は忙しい。

人生の師走も忙しくていい。

遣り残さない人生を詰める時期。

無理しないでと気遣う声もあるが、僕は常に覚悟して生きている。

人生の師走は正月が来ないから。

しあわせです。感謝

| | コメント (0)

2017/11/23

生まれた時から死ぬ瞬間まで自分らしく生きたいのだ

魂が死んだ

白血病と告知を受けた直後は生きがいを失い、死を待ち望んだ。

妻は直ぐに死ぬなら会社を辞めて好きなことをすることを勧めてくれた。しかし、直ぐに死なないことが分かった途端、治療費と生活費のためにクビにならないでねと態度が変わった。

その後はクビにならないことを考え仕事を続けていた。

この頃からクビになっても家族を守るためにスキルを身に付けたいと考えていた。

僕が生きていた証を遺す

配置転換となり研修部門に移って半年経った時、新入社員を実務指導することになった。その時、この時代、僕が生きていた証を彼らの中に残していこうと決め、その時点から前向きに生き始め、次から次へとセミナーに参加し研修スキルを身に付けていった。同時に家族を守るスキルにもなっていった。
現在は、医療現場に患者の想いを届け、患者として求める寄り添い方を講演している。また患者仲間には逆境に陥った時の生き方をアドバイスしている。
ひとは人のために自分が役に立ちたいと思っている。病気であろうが無かろうが。マズローの下位階層だけではなく、上位を目指したい。体力低下、副作用、後遺症で出来なくなったこともあるが、出来ることはたくさん残っている。
周りの人が患者とみるか一人の人とみるかでサポートが異なってくる。

ひとは生まれた時から死ぬ瞬間まで自分らしく生きたいのだ。健康であろうがなかろうが。

23722678_1498441100225735_443348854

あなたはどのように生きて、どのように人生を結びたいですか?

しあわせです。感謝

| | コメント (0)

なぜ生きるかを知っているものは  どのように生きることにも耐える

夢、生きがいは生きる力を与えてくれる。

昨日はもがみ地域在宅医療推進研究会主催の講演会で講演させていただきました。死を見つめることで気づいた「生き方」について触れさせて頂きました。


当日は医療を目指す高校生も参加されていて、これからの生き方について考えて頂く機会になったようです。


講演では触れませんでしたが、治療法を選択した時点と、新たな夢を見つけた時点で私は生き方を見つけることが出来ました。


ニーチェの言葉そのものです。


【なぜ生きるかを知っているものは
 どのように生きることにも耐える】

しあわせです。感謝

| | コメント (0)

明日死ぬかのように生きよ。 永遠に生きるかのように学べ

明日死ぬかのように生きよ。 永遠に生きるかのように学べ by マハトマ・ガンジー

がん告知の直後、「もう死ぬなら学んでも意味が無い」と感じ、自己啓発にお金を掛けることを一切止め、お金はすべて家族への遺産に回そうと考えました。

研修ファシリテーターに夢を見出したとき、生きてる内にベストを尽くそうと次から次に学び始めました。

一見、ガンジーの言葉と真逆のことをしていましたが、あの時学んでいなかったら今はどうなっていたのだろうという感覚、そして、がむしゃらに10年間生きた日に突然ショック状態に陥ったとき、満足して死ねると感じた感覚はまさにガンジーの言いたいところを体得できたのだろうと感謝しています。

夢を明確に描き、それを達成するために投資したものは必ず戻って来ます。

しあわせです。感謝

| | コメント (0)

より以前の記事一覧