人生哲学

2019/01/30

研修依頼 しあわせです💖感謝

医療機関、介護施設や保険薬局等の新規採用職員研修および医療系大学からの講義のご依頼を受ける時期となりました。

 

患者講演、生き方・学び方・働き方等でお役に立てるなら喜んでお受けします。お気軽にお問い合わせください。しあわせです💖感謝

| | コメント (0)

2019/01/05

かみさまとのやくそく

10年程前ドネペジルを開発した杉本博士から開発秘話をお聞きした。一番聞きたかったことは、失敗から成功を導き出す力だった。その答は研究の目的であった。自分のために努力しているのではなく世のため人のために研究をしているとある日突然閃きが起こり成功に導かれる。神様からのプレゼントと表現されていた。ずっとこの現象を調べていてつい最近読んだ本に次のように書かれていた。自分の夢を手に入れたいなら、その分、与える必要がある。世のため人のために努力していれば必ず報われる。夢が大きければ大きいほど、それに値する大きな努力が必要である。そして、映画『かみさまとのやくそく』を観ると確信に変わった。私たちはかみさまと何をやくそくして生まれてきたのか?来年はもっともっと世のため人のために尽くす所存。しあわせです💖感謝

『かみさまとのやくそく』は2月3日(日) エレファン(名古屋市東区)にて上映会があります。しあわせです💖感謝
https://m.facebook.com/NPOelephantspirit/?locale2=ja_JP

| | コメント (0)

OJTにも限界、企業研修の効果を高めるちょっとしたコツ

講義型からファシリテーション型に研修スタイルを変える際にコンサルタントを招き手法を学びました。この記事に書かれている内容は簡単そうに見えますが、研修内容に落とし込むと結構難しく挫折しそうになります。人は聴くより話す方が楽しく、講義するだけの方が準備が楽なため、すぐに講義してしまいそうになります。修得するには実践とフィードバックを受けることを何度も繰り返す必要がありました。そして、研修アンケートでも最初は厳しいフィードバックか受けました。良く良く聴いてみると、参加型は疲れるとか研修は休息時間とか変化を受け入れない内容でした。それでもめげずに半年間続けていると、参加型に対する受け止めが楽しく学べるに変わって来ました。講義型は短時間での情報提供には適しますが実践的な研修には不向きです。少しずつでも良いので受講生の参加や身体を動かす時間を増やすことから始めてみることをオススメします。しあわせです💖感謝

https://newswitch.jp/p/15905?from=np

| | コメント (0)

2018/11/11

がんサバイバーってかわいそうですか?不幸ですか?

がんサバイバーってかわいそうですか?不幸ですか?

がんになった時仕事に対して強烈な不安を感じた。副作用や後遺症で働けなくなり職を失ったら家族のために自殺することも考えた。自分の命より大切なことは家族の存在としあわせと気づいた。そして、不安を打ち消すかようにがむしゃらになってスキルを磨き続けた。

がむしゃらに生きて、気がつけば普通では出来ない経験を重ね、いろいろとスキルを身に付けた。そして、多くのひとと仲良くなった。

小さなことに感謝出来るようになり、自分にとって本当に大切なことを知った。

家族と過ごす時間を大切にし、その時間が持てるしあわせに満たされている。

そして、かけがえのない仲間との出逢いと繋がりにも日々感謝している。

自分が何歳まで生きるか誰も知らないはず。
生まれた時から全員サバイバーである。

サバイバーであることに気づかせてくれた白血病にも感謝し共に生きている。

がんサバイバーってかわいそうですか?不幸ですか?

しあわせです💖感謝

| | コメント (0)

2018/10/08

死を意識した時に気づいた「最も大切なこと」とどう向き合うか?

死を意識した時に気づいた「最も大切なこと」とどう向き合うか?

私は38歳の時にがん告知を受けました。その時に様々なことが頭の中を駆け巡りましたが、自分にとって家族が最も大切であることに気づくことが出来ました。特に4人の幼い息子たちをどれだけ愛しているかに気づくことが出来ました。実際に治療法もリスクを掛けた治癒よりも、家族のしあわせを優先し延命治療を選択しました。

それまでは仕事一辺倒であまり息子たちとも触れ合っていませんでした。2週間の入院後、自宅に戻り、息子たちとのスキンシップを取ることを意識的に行いました。ただがんのことを伝えていなかったため、突然接し方が変わった父親を息子たちは避けるようになりました。

サバイバーライフでも生きて働き続けるためにセミナーや学会等に積極的に参加していました。最も大切なことを先送りして・・・人間はおろかなものです。

子供たちが成人を迎えた現在、定期的に息子たちを招集し飲み会で語り合うようにしています。男として、社会人の先輩として、父として本音の声に耳を傾け、応援してあげるようにしています。私にとって人生における至福な時間です。

人生において大切なことはいっぱいあります。死を意識したときにもっとも大切なことが判ります。優先順位を立てて手に入れることで人生が充実していきます。

目先の快楽や小さな不安解消に気持ちが行きがちです。

自分にとって本当に大切なことは何かと考え、自分らしく過ごしましょう。しあわせです💖感謝

| | コメント (0)

2018/09/30

がんと付き合う方法

すっと気持ちが楽になり生きる意欲に繋がったプロセス

①がんを愛してあげる

 ある日、がん細胞は僕自身の細胞であると気が付いた。4人の息子たちと同じじゃないかと思い、可愛く感じてきた。そして息子を愛するようにがん細胞も愛することに決めた。そして、がん細胞に語った。「一緒に生きよう」
 それまではがんを憎み、消えてなくなればいいと闘っていた。この日を境に気持ちがすっと楽になった。

②生きる目的を明確にして治療はその実現を補助する一つの方法であると考える

 出世という夢が消え去り落ち込んでいたが、研修部門に異動となり後輩を育てるという夢に出会った。がんのおかげでリセットできたため素晴らしい夢を得ることが出来た。この時考えたことは、早く死ぬなら早くスキルを身に付けて後輩に貢献することであった。生きる目標期間を10年間と置いていため、10年間、がむしゃらに学び、活動した。
 10年間を達成した日に、突然ショック状態に陥り死を覚悟することになったが、僕は目標達成できたことに感謝し、満足しながら死を受け入れることが出来た。
 生きる目標をしっかり目指して生きていると、病や死を意識することなく過ごすことが出来充実する。逆に意識すると影響を受けて行動制限をしてしまうことに繋がる。

 生きる時間が決まっているなら自分らしく生きる道、最高にワクワクする状態を目指して生きることを目指して欲しい。

 これをあきらめた時が病に負けるということかもしれない。死ぬことは負けではない。死が負けなら、生きるものは全員負けが待っているから。

| | コメント (0)

かかりつけ薬剤師

分子標的薬を飲み始めた方は、しっかりしたかかりつけ薬剤師を持つことをオススメします。

副作用と付き合うための身近な伴奏者を持つことは重要です。

処方箋がなくても入りやすい薬局で、人当たりが良く、ちょとおせっかいな質問をする薬剤師が基準です。知識はみんな持ってます。不安なら薬剤師会に所属しているかをご確認ください。

自分の命に関わることです。真剣に探してみてください。

しあわせです💖感謝

| | コメント (0)

命のカウントダウン

生まれた瞬間からカウントダウンは始まっている。最初に掲示された時間が決まっているのかどうかは誰にもわからない。通常は音も振動もなく時は進んで行く。

がん告知を受けたときにカウントダウンを感じ取る。最初は自分だけがカウントダウンしていると考え始める。そのうち誰しもがカウントダウンしていることに気づく。

カウントダウンに気づいた時にどう反応するが、人生の分かれ目だと考える。最初は落ち混むがその後から限られた人生を思い切り楽しむかカウントダウンに怯えながら過ごすか?

どちらを選んでもカウントダウンは確実に進む。

若くしてカウントダウンに気づく経験が出来たことに感謝する。

しあわせです💖感謝

| | コメント (0)

愛の大きさ

9月30日は6年前に単身赴任が始まった日です。この日も台風が迫ってました。

人事発令が出てから、治療中のがん患者として栄養面等、強い不安に包まれていました。妻には出来るところまで頑張ってみたら励まされました。

引っ越し先まで妻は来てくれて手伝ってくれました。早く帰ることを勧めましたが、最後までやるから言ってくれました。嬉しい反面帰宅できるが心配でした。妻は最悪のこと考えて雨合羽を持参していました。


案の定、新幹線は3時間半途中停車し、深夜に暴風雨の中で3km以上歩いて帰ったそうです。思い出す度に愛の大きさに感謝しています。

妻はお薬カレンダーを用意してくれました。これでも服薬を忘れるため自分と仲間のために毎朝、くすりを飲み前にアート写真を掲示する活動を始めました。


しあわせです💖感謝

| | コメント (0)

2018/09/11

がんになったら宝地図を描こ

がんになったら宝地図を描こう🎵


17年前に夢が消え去り死と向き合い最初は落ち込みました。


1年後、新入社員の教育担当となった時に彼らの中に生きていた証を残そうと思い、最高の研修担当者になる新たな夢を持ちました。その日から早く死ぬなら早く学び、研修するしかないと全力で活動しました。死も忘れ毎日がとても充実していました。


がんになると死というゴールを意識します。それを恐れて過ごすか、素晴らしいゴールテープを切れるように生きるかは自分が決めることです。


宝地図を描くと加速度がつき夢が実現します。
がんになったら宝地図を描きましょう。


自分らしく人生を手に出来る機会と受け止めましょう🎵
しあわせです💖感謝

| | コメント (0)

より以前の記事一覧