出版への道

2007/12/30

今年をどのように生きてきたか

今年もあと2日となりました。
振り返ってみると素晴らしい一年でした。

今年の一番大きなテーマは「愛」でした。
人を愛することの素晴らしさ、難しさに取り組みました。
「愛」についてのセミナーも開催できました。
愛する気持ちを持って人と接すると自己に対する気づきが深まりました。

相手に対して何をしてあげたいのか?
自分は何か見返りを求めているのか?
その見返りを手放せるのか?・・・・・

いろいろと悩みましたが徐々にピュアに愛せるようになってきました。
ピュアに愛せるようになってくると愛してると相手に伝えることに抵抗を感じないようになりました。誤解を生じないようにしないといけませんが・・・

まだまだ成長過程ですが、今年は多くの人を愛することができました。
人を愛した数だけ成長できたような気がします。ありがとうございます。

同じくらいの収穫は仲間といっぱい出会えたことです。
いろいろな経験やイベントにチャレンジしたことにより幅広く人脈を広げることができました。

①東海薬剤師学術大会ランチョンセミナー
②名古屋大学付属病院での講演
③東京女子医大付属病院での講演
④名古屋市からの依頼
⑤看護協会「いきいき楽しく働くために」
⑥三重県病院薬剤師会「服薬指導セミナー」
⑦薬剤師ねっとオフ会
⑧日本ファシリテーション協会関西支部定例会
⑨名城大学薬学部同窓交流会
⑩各病院での医療接遇研修
⑪名城大学薬学部社会人講座      ・・・・・・・・・etc

この中には決断する必要があったものもあります。
「自分が選択したことは、どのような結果が出ても自分で責任を負えば
良い」という考えを持った時点で行動責任が明確になりチャレンジすることに恐れを感じることがなくなりました。
来年はさらに多くの人と出会い、元気を振りまきたいと思います。
そして、分け隔てなく人を愛せるようになれるように努めます。
これは永遠の課題かな・・・

来年は「生きる」というテーマを自分に課したいと思います。
生きるということは一体どういうことなのか?
何のために生きるのか?

大きなテーマですのでさしあたっては、
「活き活き楽しく働くために」を発展させて「活き活き楽しく生きるために」という研修を作ることが目標です。
活き活き楽しく生きるってことは、活き活き楽しい状態で天寿を全うすることだと今は感じています。

課題が決まったら取り組むだけです。

今日は掃除と勉強と母とのデートです。
今日も一日充実してます。多くの人に感謝です。

| | コメント (0)

2006/04/02

音声認識入力の欠点

音声認識ソフトに関心度が高いので、欠点についても少しお話したいと思います。

ブログ等の記事を書くときに注意する必要があります。
それは音声によってコマンド操作もできてしまうためです。
話した言葉によって勝手に画面が変わってしまい今まで書いた文章を失うことがあります。何度も何度も書き直したことも実際にはあります。

今のところこれが1番の欠点ですね。もう1度マニュアルを読み直して対応方が書いてないか探してみたいと思います。

何度も書き直すことによって文章は磨かれて行きますので、そういう意味ではたまに消えてなくなる事も良いのかもしませんね。文章が長くなってときはこまめに保存をするようにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/25

音声認識入力とプレゼン上達の極意

この日記は音声認識ソフトを使って書いてます。当然完璧ではありませんが、まずまずの変換率で大変満足しています。

昨日は自分の講演内容をテープに録音してきました。基本的にはパワーポイントを見ながら文章書き上げていこうと考えていますが、ライブを録音したもの中にはアドリブが入ってきます。このアドリブというのは参加者の表情から関心度や理解度を読み取って内容を咀嚼して話したりあるいはもっと理解しやすいように例え話を組み込んでいったりします。

プレゼンテーションにおいてアイコンタクトが重要である一つとして参加者の状態をすでにチェックするということが挙げられます。その状態に合わせて臨機応変に例え話・ジェスチャー・声のトーンを微妙に変化させていく必要があります。これがあるからVTRやDVDの講演で得られないものがライブにはあるわけです。

しかしながらこの臨機応変というの教えるのは非常に難しいことです。僕はプレゼンテーションセミナーのなかでここの部分を伝えるにはリハーサルの重要性を挙げています。練習する時には可能な限り本番と同じような状態で練習することをお勧めしています。ひとつにはイメージトレーニングができます。しかし重要なことはあたかもそこに参加者が居る事を想定してリハーサルすることです。事前に入手している情報からどんな例え話が最適なのかあるいはどんなジェスチャーを入れればいいのかまたここで問い掛けを入れた方が関心度が高まるかな、こんなことを考えながらリハーサルをしていくと臨機応変のスキルが定着してくるのではないでしょうか?

この時にオススメなのがVTR収録です。これは自分のプレゼンテーションしている姿を第三者的にチェックすることができるからです。特にイントロの部分について何度もチェックすることオススメします。チェックのしかたは自分の話に興味を持てるかどうかです。このその話はおもしろそうだな、聞いてみたいなと思えなければ本番でも参加者の方は同じように感じるはずです。自分で納得するまでVTRを繰り返し撮影しチェックすることが必要です。こんなことを繰り返していくうちに多くのスキルが定着していきます。私も初心者の頃は常にリハーサルをVTRに収め何度も何度もリハーサルを繰り返し本番に臨みました。リハーサルは最低5回は必要としました。自分がうまくなったなぁと感じ始めたのは3カ月たったころだったように記憶しています。余裕が生まれ会場の雰囲気を察知し臨機応変に対応できるようになった時期だと思います。これからプレゼンテーションを学ぶ方はリハーサルをしっかり行うことがオススメします。

音声認識ソフトを使ってここまでの文章を書いてきましたが、今感じていることは長文を書くことに苦痛感がないことです。僕の日記でこんなに長いのは今までなかったでしょ!それが証拠です。まだまだ慣れていないせいで不具合も感じますが、今後このソフトになれることによっていろいろなことができるようになってような気がします。ストレスがかからないって発想が広がるものですね。思いのままに語ったことがそのまま文字になるということは非常に楽なことです。

続きを読む "音声認識入力とプレゼン上達の極意"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/21

自分の時間を確保する方法

最近ものを書くことに時間が取られています。ブログとmixiが大半です。

本を書こうと頑張っていますが、キーバードに向かって打ち出すと結構時間が掛かります。

 そこでICレコーダーに録音して音声認識ソフトでテキスト変換する方法を思いつきました。当初はICレコーダーの選択に悩んでいましたが、とりあえずの目的は、時間短縮だけです。自分の講演だけなら音声認識ソフトを購入してマイクで話せば良いだけです。ろとりあえずソフトだけ本日発注しました。

 どれくらい楽になるのか分りませんが、ブログやmixiの時間も短縮できれば良しとしましょう!肩こりも解消できるしね!

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/02/21

書き始めましたが・・・

 原稿を書き始めましたが、なかなか進まないものですね。アー完成はいつになるんだろう!

 とりあえず書き上げた時のマーケッティングを考えながら、ワクワク感を楽しんでおります。

 ということで今日からアイデア帳を持ち歩くことにしました。発想したらすぐメモが取れるように!

 今日一日で・・・・・・・・・・なんにも書いてません。

 明日から夢の実現に向けて頑張ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/12

出版への道:その1 章立て

 出版セミナーで指導されたとおりに活動してみようと思います。

 その第一歩として、「章立て」をしています。
 目次作りですね。
 「章立て」を出来るだけ細かくすると完成度が高い目次になります。

 マインドマップを使いながら書き出してみると結構細かいことが浮かんできます。

 とりあえず完成したら、また出版社に相談してみる予定です。

 夢の実現に向けて確実に一歩づつ進んでいます。とっても充実して幸せです。

 サインの練習でもしておこうかな!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/05

ブログの記事を整理しました。

 2年間近く書いてきた記事のカテゴリーをまとめ直してみました

 原稿を書くにあたって発想しやすくするためです。

 ネタになりそうな記事が結構ありました。

 数日に分けて行ないましたが、結構時間が掛かる作業でした。

 行き詰った時に読んでみようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/04

出版セミナーに行って来ました!

 夢の実現に向けて小さな一歩・・・大きな一歩ですね。

 出版ということがどういうことが判りました。

 初期投資が150万円以上掛かり、回収もかなり厳しい・・・・10000部売れる必要があるそうです。気の遠くなるような数字・・・・友達一万人もいないなぁ。

 夢が世界一周であればもっと金は掛かると思えば安いものですね。

 アマゾンを検索したら自分の本があったり、講師略歴に著書があったりすることを考えただけでワクワクします。

 妻も頑張ってみたらと応援してくれました。

 とりあえず原稿を書いてみないことには始まりません。次なる一歩は目次作成です。

 テーマは医療コミュニケーションです。ガンバルッチャ!

 経過は書いていきます。参考にしてね。応援もよろしく!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004/06/15

知的生産の技術

 知的生産の技術273号に私の講演会の要約が掲載されました。これは知的生産の技術研究会の機関紙なんです。(図解の本で有名な久恒啓一氏が理事長です。)大変感激しております。小学生の時に学芸会の主役に抜擢された時以上の名誉です。なにせ私の裏のページはアスキーの創業者西和彦氏の講演録ですからますます価値があります。これからも何かで取り上げられるような仕事に取り組んで行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)